利用停止になったら?利用停止にならない為には?

利用停止になったら?利用停止にならない為には?

 

現在は現金を必要としなくなっていて、電子マネーやクレジットカードそれにデビットカードと現金を持っていなくても特に困らなくなってきました。

 

しかし、どうしても現金が必要な場合があり、それが得ている収入だけでは足りなくなってくると借金をするしかなく、その融資先は以前までは消費者金融でした。

 

法律が改正されて規制がかかったことで融資可能な人の条件が厳しくなったために魅力のある融資先ではなくなり、現在はその矛先が別のところに向かっています。

 

それがクレジットカード現金化でありクレジットカードも多くの人が持っているので、簡単に現金を手に入れられる方法が確立したためにその方法を行っている人が増えています。
しかしそれは以前よりあるクレジットカードが付帯しているキャッシングではなく、クレジットカードで商品を購入してそれを転売することで現金にするというやり方です。

 

では、この方法のやり方というのはどのようになっているのでしょうか。

 

クレジットカード現金化利用する理由

クレジットカード現金化利用する理由

 

クレジットカードには利用限度額があり、そこで限度額までは月々の支払いさえしていれば、あまりに法外に高い商品でない限りはサインや暗証番号を端末機械に入力するたけで購入できます。
そこで新品のままリサイクルショップや買い取り専門店に売却すれば購入した金額よりは下がってしまいますが、希望通りに厳禁を入手することができるのです。

 

このクレジットカード現金化というのは同じ手法で業者行っている場合があり、その方が手間がかからずに簡単に現金を受け取れますが、デメリットはその業者に支払う手数料が発生してしまうので実際に受け取れる現金の額が減ってしまうということでしょう。

 

このどうしても現金が必要になる事態で多いのはギャンブル関係であり、他のものではクレジットカードがあれば飲食でも風俗でも対応している店舗があるので無理に現金化する必要はありません。

 

しかし、ギャンブルだけはどうしても現金でしか対応していないので、割にあわないこのシステムでも利用している方も多いのではないでしょうか?

 

カードが利用停止になる可能性と原因

カードが利用停止になる可能性と原因

 

当然、ギャンブルにだけ利用しているという方はだけではないのは分っています。

 

注意する点は利用用途ではなく支払い方法です。

 

この方法ではクレジットカードで購入した商品代金の支払いを分割にしたりリボルビング払いやボーナス払いにすればすぐに支払う必要がないので、当初は得をしたような感じを覚えます。
しかし、支払いが棒引きになったわけではないので、いずれはその支払いを行わなければいけません。

 

しかも1回払いではないので支払い代金そのものに利息が発生してしまい、それが徐々に大きな負担になって圧し掛かってくるのは間違いないでしょう。

 

払っても払っても利息だけを支払っているような状態なので元本そのものはほとんど減らず、しかも最初に述べたようにクレジットカードには融資限度額が設定されているので、限度額まで達してしまえばクレジットカード現金化もできなくなります。

 

限度額を増額するという手段も残されていますが、これは体験からすると借入額が多く残っていると増額申請してもまず審査が通過することはありません。
そのために収入以上の現金を手にすることができなくなるため、最悪のやり方でクレジットカードの支払いに回していた現金部分に手をつけで支払いが不能になってしまいます。

 

そうするとすぐにカード会社から支払いができなかったといという電話が必ず来て、それに対してすぐに支払いをすれば特に問題にはなりませんが、ここでも支払いができないと告げると最終手段でカードの利用停止と一括返済の催告が来ます。
そこには誠意ある回答がないと訴訟も辞さないという内容の本人宛の書留がくるので、これが来るとどうにもなりません。

 

その為、クレジットカード現金化を利用した場合、もしくは利用する場合は支払い期限を充分に注意して行うようにしましょう。

 

クレジットカード現金化の利用停止のリスク

クレジットカード現金化の利用停止のリスク

 

クレジットカードが一度でも利用停止になるとそのカードは支払いを後日行っても再利用できることはなく、この利用停止の情報は信用保証協会にも連絡が行くので、別のクレジットカードを所有していてもそのカード会社がこの事実を知ればそこも利用停止をする可能性があります。

 

カード会社はどうしても債権を回収できない場合には銀行口座の凍結や給与の差し止めを簡易裁判所に申請してくるので、そのような裁判を起こされたことを就業している会社に知られると事実確認を行われるだけでなく、そのような面倒な社員は必要ないとして退職勧告をする事業所も少なくないでしょう。
つまりただ自分の欲望だけでクレジットカードを通常とは違う使い方をしただけで、将来に取り返しのつかない状況を招く危険性があるということです。

 

これは体験ですが裁判所から給与差し止めの通告が来ると、会社としてはその人をほとんどの確率で退社させようとします。
会社としてもそのような金銭感覚にだらしなく金融機関から裁判沙汰まで起こすような人を信頼などできないので、とても置いておくという判断はできないということです。

 

このクレジットカード現金化でカードの利用停止と裁判所からの通告は最悪のパターンであり、どこかでそれを停止できれば回避できます。

 

クレジットカード現金化業者によるカードの利用停止

クレジットカード現金化業者によるカードの利用停止

 

クレジットカード現金化を利用してカードが利用停止になるには原因がもう1つあります。
それは、悪質業者の利用によるクレジットカードの利用停止です。

 

先程ご紹介した利用停止の状況は、支払いが滞ってしまった場合に限りの事です。

 

しかし、業者による利用停止は利用者にはどうしようもない問題です。

 

クレジットカード現金化という行為は、カード会社により禁止されています。
その為、クレジットカード現金化を行っている事がバレた場合にもクレジットカードは利用停止になってしまうのです。

 

質の悪い現金化業者はクレジットカードで決済をする際に、カード会社に目を付けられるような手順で処理をされてしまいます。
理由はその方が面倒がなく決済を出来るからです。

 

その為、支払いを済ませているのにカード会社に現金化行為がバレて利用停止になってしまう事があるのです。

 

しかし、優良の現金化業者はその様な心配はありません。
しっかりとバレないよう慎重に決済を行ってくれるので安心して現金化を行う事が出来るのです。

 

クレジットカード現金化を利用する際には、しっかりとサービスのいい優良の現金化業者でサービスを受けるように心がけましょう。